本文へスキップ

公益社団法人東京都建設事業協会は明日のまちづくりを支えるエキスパートです。

TEL. 03-3639-2511

〒103-0001  東京都中央区日本橋小伝馬町17番9号 さとうビル2階

ナビゲーション

公益社団法人東京都建設事業協会 事業内容

外国人建設就労者受入事業

外国人建設就労者受入事業

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会関連施設整備等による当面の一時的な建設需要の増大に対応する為、緊急かつ時限的措置として、即戦力となり得る外国人材の活用促進を図るための新制度を導入することが、建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置を検討する閣僚会議(平成26年4月4日)において取り纏められました。

当協会では建設分野の技能実習修了者を受入企業との雇用関係の下で建設業務に従事させるお手伝いを行っております。

当初は平成30年度以降に入国する外国人建設就労者の就労期間は平成33年3月31日に限りその効力を失うこととされていましたが、大会の成功に万全を期すとの制度の趣旨に鑑み、平成32年度までに本事業に基づき就労を開始した者については平成33年度以降も就労を可能、最長平成35年3月31日まで可能とされました。

外国人建設就労者として建設業務に従事している期間中に然るべき検定に合格し、一定の帰国期間を経た場合には技能実習3号として再度入国し、さらなる技術移転の為に実習を再開させることが可能となります。

技能実習3号から特定活動へ移行する例

●特定活動の前に1年以上、帰国するケース

特定活動の前に1年以上、帰国するケース

●技能実習3号の前に1年以上、帰国するケース

技能実習3号の前に1年以上、帰国するケース
特定活動から技能実習3号へ移行する例

●技能実習3号の前に1年以上、帰国するケース

技能実習3号の前に1年以上、帰国するケース

●特定活動の前に1年以上、帰国するケース

特定活動の前に1年以上、帰国するケース

(※本国への技能移転を図る観点や本国との関係を維持する観点から、移転パターンに応じて、1年以上または1月以上の出国期間を設ける。)

建設就労者 職種表

職種 作業名
さく井 パーカッション式さく井工事作業、ロータリー式さく井工事作業
建築板金 ダクト板金作業
冷凍空気調和機器施工 冷凍空気調和機器施工作業
建具製作 木製建具手加工作業
建築大工 大工工事作業
型枠施工 型枠工事作業
鉄筋施工 鉄筋組立て作業
とび とび作業
石材施工 石材加工作業、石張り作業
タイル張り タイル張り作業
かわらぶき かわらぶき作業
左官 左官作業
配管 建築配管作業、プラント配管作業
熱絶縁施工 保温保冷工事作業
内装仕上げ施工 プラスチック系床仕上げ工事作業、カーペット系床仕上げ工事作業
鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業、カーテン工事作業
サッシ施工 ビル用サッシ施工作業
防水施工 シーリング防水工事作業
コンクリート圧送施工 コンクリート圧送工事作業
表装 壁装作業
建設機械施工 押土・整地作業、積込み作業、掘削作業、締固め作業
鉄工(建設業者が実習実施機関である場合に限る。) 構造物鉄工作業
塗装(建設業者が実習実施機関である場合に限る。) 建築塗装作業、鋼橋塗装作業
溶接(建設業者が実習実施機関である場合に限る。) 手溶接、半自動溶接

バナースペース

公益社団法人東京都建設事業協会

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町17番9号
さとうビル2階

補償調査部:
TEL 03-3639-2511
FAX 03-3639-2516
info★token-k.or.jp
国際研修事業部:
TEL 03-3639-2513
FAX 03-3639-2514
info-kenshu★token-k.or.jp

※★を@に置換えて送信してください。

公益社団法人東京都建設事業協会
職業訓練センター

〒422-8056
静岡県静岡市駿河区津島町15-15

TEL 054-280-2355
FAX 054-280-2356
お問合わせ:
info-training★token-k.or.jp

※★を@に置換えて送信してください。